講堂・階段広場 


1.講堂

 幅13.7m、奥行22.5mで面積は308平方米。最後部の高さが6.4mあるのは、座席が階段式になっているため。ふだん、座席は最後部の壁面に収納されており、使うときに、座席はスイッチひとつで全247席が6分で自動排列されます。このほか、使わないときは積み重ねておけるスタッキングチェアが100脚あり、フロアと階段通路に並べることができ、合わせて最大347人が着席できます。
 可動座席は1列19席でシート・ピッチ(背もたれから前席の背もたれまでの長さ)は90cm。シートの奥行は40cmなので、足下も比較的ゆったりしているようです。座席用天井照明はハロゲン灯と白熱灯の併用で柔かい雰囲気です。

 高さ30cmのステージは幅7m、奥行2.7m。手動で設置・収納しやすいように、ステージ幅は3.5mに二分されています。ステージは最前部壁面に収納できます。ステージの通常照明は高さ3.6mの天井からの多色カクテル光になっています。正面にはスクリーン、演台、プロジェクター、拡声装置、照明装置、ほかに司会者用演台が準備されています。

最後部の座席のうしろに大きいガラス窓の調整室があります。ここはビデオプロジェクター設置用に設計されましたが、今のところステージ照明用に使われているだけです。

 この講堂が使われるのは、学年ごとの集会、演劇部やブラスバンド部などの音楽の練習や発表、SSH発表会、学年全体保護者会などです。

 なお、講堂専用の空調設備が講堂西隣に設けられており、快適に講堂を利用できます。


2.階段広場

 この講堂の天井は浅い階段状になっています。それは講堂の屋上が階段広場になっているからです。 この階段広場は新校舎の目玉のひとつです。 2F渡り廊下と3F西廊下から出入りでき、青天井の吹き抜けです。3,4人がゆったりと腰掛けられるベンチ(長さ180cm、幅45cm)が合わせて55台。校舎の壁が造る日陰や、冬日が射し込む日溜まりが、生徒たちにほっと一息入れる時間を与えてくれます。お昼休みにここでお弁当を食べる生徒も大勢います。


最後部からみた講堂全景



最後部壁面に収納された座席


明るいステージ



生徒対象の講演会


生徒たちがくつろぐ階段広場